読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

明日は明日の風が吹く

無味無臭・人の記憶に残らないをモットーに人間関係の荒波をいきていく30も半ばを過ぎた私の鬱日記

一番近くて一番遠い「夫」

夫はイクメンではありませんでした

我が家の夫はイクメンではありませんでした。 私が夫をイクメンにすることをあきらめたのはいつ頃だろう。 と今話題のほう太パパさんのブログを読みながらぼんやりと思いを馳せる。 いや、それ以前に私が長女を産んだ10年ほど前には「イクメン」という言葉は…

誰にも内緒でブログ書いてる人手挙げて

誰にも内緒でブログを書いているという人に挙手して頂けたなら その手をそっと握りしめたい衝動に駆られるであろう私です。 握ってもいいですか? 誰にも内緒でブログを書いている人の中で 家族にも内緒でブログを書いている人に挙手をしていただいたなら 親…

AROUND50の既婚男性にダッフルコートはアリかナシか

だいぶ暖かくなってきた今になってコートの話題を出させて頂く。季節感度外視です。 2年ほど前。夫40代半ばの事。 通勤用にダッフルコートが欲しいと言ってきた。 夫は村上春樹ではない。 文章を書いてお金を稼いでいる自由業にあるわけでもなく サラリー…

一番近くて一番遠い・夫という男の不思議

私は夫の事がよくわからない。 性格の違いだったり 男女の違いだったり はたまたそれは男脳・女脳の違いだったり 理系と文系の違いだったり 生まれた年代が違うことによって 結果、社会人経験がバブル前になるかバブル後になるかの違いだったり。 私と夫を隔…

夫が「美味しい」と言わないのは何故

夫が私の作ったご飯に「美味しい」と言わないのは何故だろう? 私は毎日毎日夫にご飯を作っていた。 夫は飲み会なるものにほとんど行かないので毎日私は夫のご飯を作っていた。 私は料理が好きだ。毎日ご飯を作っても特に苦痛は感じない。 仕事が多忙のため…