読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

明日は明日の風が吹く

無味無臭・人の記憶に残らないをモットーに人間関係の荒波をいきていく30も半ばを過ぎた私の鬱日記

「エントリー」って何?から始まるはてなの世界のはじめのいっぽ

「エントリー」って何よ。

から始まったはてなブログライフも、はや3ヶ月が経過しました。

f:id:akari1616:20140313210006j:plain

 

エントリー??????

え、なに。どういうこと。記事を投稿するのに何かに登録しなきゃいけないの?

審査でもあるの?申し込み制?こ、これが噂の入村試験!!!!

とかね、最初はそれすら戸惑うわけですよ。

森博嗣的に言うと「エントリィ」じゃないのか。とか(混乱)

ネット慣れしていない私にとって最初のつまずきはソコでした。

 

今でも戸惑うのでなるべく記事って書いたりしているのだけど

時々タイトルなんかに「エントリー」って使う自分にモヤっとしたりも。

 

だってキャッチ―なんだもん「エントリー」

その方が通りがイイでしょうが。

(じゃあ使えよ)

 

はてブとかブコメとかも、まだ慣れない。

 

はてなブックマーク&ブックマークコメントとかちゃんと書きたい。

あ、慣れないって略語のことです。

私は略さないでちゃんと書きたい。

略さないなら後者は、はてなブックマークコメントか?んん?なげえよ。

 

略さないと本文が長くなってしまうのでなるべくコレは略している。

ムズムズしながら略している。

 

ブコメ(早速略す)に否定的なものをいただくのも慣れてきた。

といってもこれは本当に最初の方しかネガコメはきていない。

今の所、割合的には数%だからあまり気にならないというか逆に気になるというか

 

日常生活では決して投げつけられない罵倒語の数々。

 

なるべくなら人を傷つけない内容のものを書きたい。

と思って筆が鈍るのも逆にいけないんだろうな。

もしくはなるべくなら罵倒されずにすみたいという保身もある。

でも書く事によって誰かを不快な思いにはさせている。というのも事実。

事実は事実として解消したり解決したりはしないので頭に入れながら書く。

 

はてな世界の濃密な空気にもすこしは馴染んで

今なら瘴気マスクなしでも呼吸ができるかもしれない(それぐらいビビっていた)

 

 私達は血を吐きつつ、繰り返し繰り返しその朝を越えてとぶ鳥だ

 

というわけでナウシカ原作ネタ投入しつつ終わります。

血を吐くならマスクしとけって話。