読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

明日は明日の風が吹く

無味無臭・人の記憶に残らないをモットーに人間関係の荒波をいきていく30も半ばを過ぎた私の鬱日記

あなたの一番柔らかい所に触れてもいいですか?

タイトルのそこはかとない下ネタ感よ。

f:id:akari1616:20140626224448j:plain

 

一番柔らかい所と言っても

物理的接触を望んでいるわけではないので性的なお話ではありません。

はてなブログが18禁NGって最近知りましたし)

 

あなたの一番柔らかい所。

あなたの一番奥底で普段人にさらけ出さない

あなたの一番弱い部分。

 

私は人に自分の弱さをさらけ出さないクセに

人の一番柔らかい所は見てみたい触れてみたいと思ってしまう。

とても好きだと思う相手に対しては特に顕著に望む。

 

人畜無害なフリをしては懐に忍び込んで

自分の弱さも持ちネタとして差し出しながら懐柔し

適度な距離を保ちつつ

急に距離をつめてみたり

緩やかに遠く離れてみたり

 

ゆっくりゆっくりと私はあなたの敵ではないことを知らしめて

もっとあなたの事を教えてほしいと思う。

 

あなたのされて嫌なことは何だろう。

あなたが辛かったことは何だろう。

 

人畜無害な振りをして懐に忍び込んでは

あなたを強引にでも切り開いて内臓の腑分けをして奥の奥まで見てみたい。

あなたの一番柔らかい所に触れてみたい。

 

少しでも理解をさせて欲しいと思う。

そして完全に理解することは不可能だと絶望させてほしい。

好きな人をも傷つける可能性のある自分に私は絶望する。

 

人畜無害に見えて全てを暴きたいと望む私は暴君です。

 

 

 

 

 

というわけで数年前に

「足の踏み場がないから」と言って

招き入れてくれた友人宅が

本当に足の踏み場がなかった時に

 

心の琴線を鈍器で殴られたような衝撃と共に

眩暈がするような思いで「この人が好きだ!!!」と思いました。

 

あれ、なんか違う?

(私の中では繋がっている)