読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

明日は明日の風が吹く

無味無臭・人の記憶に残らないをモットーに人間関係の荒波をいきていく30も半ばを過ぎた私の鬱日記

ママ友の前で夫が好きだと言えますか?

最近ブックマークコメントで

「仲良し夫婦」とか「ごちそうさま!!」とか頂くようになって

ちょっと戦々恐々としております。

f:id:akari1616:20140312124600j:plain

 

あれ。おかしいな。そんなつもりなかったのにな。

自覚して「ノロケ」という中和作用を装着のうえで夫への憤りを書く記事もあるのでそれはそれで「ノロケ」と読んでいただいてもいいのですが

全くそんなつもりなく書いたものでそのようなコメントを頂くとなっては

 

無自覚かつナチュラルに。息を吐くように。

相手に「ノロケ」と受け止められる言動を繰り返す痛い人になってしまったのか私は。

 

これは恐ろしい。

 

もしやリアルでも口を開けばノロケを垂れ流しているんじゃないかと

胸に手をあてて考えてみる。

大丈夫。ここ1週間誰とも喋っていない。

というセーフでしかない検証結果にしんみり。

 

私はリアルでは絶対に夫が好きだとは言わない。

特にママ友の前では絶対に言わないようにしている。

 

ママ友の前で「夫が好き」という事にはリスクしかない。

 

特にグループで集まっていた場合。

5人に1人の割合でそこはかとない殺意を抱かれてあとで陰口を叩かれる。

 

「ちょっと痛いよね」「馬鹿みたいだよね」

 

陰口と言うのは本人がいない所で叩かれるものなので

たいていにおいて本人は知らない。

 

私がこのブログで無自覚に垂れ流している程度のノロケを

まき散らしたならば既に村八分になっているかもしれない。

 

私はそこまでのリスクを冒して他人に夫が好きだという必要性を感じない。

 

そして夫の事は好きか嫌いかと聞かれれば確かに好きであるのだけれど

我が家はそんなに仲良し夫婦ではありませんよ?

 

赴任先の夫とは必要のある時しか電話もしない

 

夫:「住民票とっておいて」

私:「了解」

 

私:最高に穏やかな声で「この使途不明金はなんですか」

夫:「……………。えっと。」

 

※経費によって管理口座が違うため経費なのか、個人的な豪遊費なのかの確認

※浮気の有無の確認は決していたしません。聞いてもいいことないから。

 

 最近私はリアルの世界でもお付き合いしたい人としか個人的なお付き合いはしない。

という贅沢な生活をしている。

 

割合に穏やかな方が多くそういう方の夫婦のあり方を聞くのはとても好きだ。

 

人の悪口を聞くこともあまりなくなったので

実生活の安心感から延長線上的に、ネットの上でも安心して

ノロケと取られかねないことを垂れ流しているのかもしれない。

 

夫に対して嫌だと思うことも腹の立つこともあるけれど

「夫も頑張っている」「夫は夫なりに私のことも考えてくれている」

と夫の立場からのディベートを行ってできるだけ冷静に客観的に

トゲトゲした気持ちの鋭角な部分を削ぎ落としていって

残ったものをブログにアップして、それがノロケになるのなら

 

削ぎ落としていって残ったものは愛情であるのかもしれない。

 

 穏やかな人間関係の中でなら

取り除いた枝葉末節を思いながら、またはスパイスに加えながら。

そういった愛情の話をしてみるのもいいかもしれない。

 

ブログでは変わらず垂れ流す所存でございます。