読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

明日は明日の風が吹く

無味無臭・人の記憶に残らないをモットーに人間関係の荒波をいきていく30も半ばを過ぎた私の鬱日記

再確認を独り言で

ここの所ずっと。というのは、ブログを書き始めてしばらくして1日の訪問者数が1ケ

タを脱したあたりからずっとなので、はてなブログで書いているほとんどの間、と言った方が正確なのかもしれない、そんな私の、ここの所の話。

 

書きたい自分と読まれていることを意識している自分の間で少しずつ乖離が始まって

書きたいことが書けていないんじゃないかと思ったり、さらにそんなチマチマ悩んだりする自意識過剰を鼻で笑う自分もいて、さりとて鼻で笑い飛ばして好きなことを書くのかと思えば、ここで冒頭の書きたい自分と~に戻ってくるという、そんな無限のループに落ち込んでいたのがここの所ずっと。

 

私は私の価値観に基づいて結構強く「これはこう!」とブログで述べていることもあって

価値観に絶対も正誤もありはしないので、違う価値観の方から見れば甚だ不愉快な文章を書き綴っているという自覚はあったのだけど

 

ここで再確認。

私は私の経験したことと私の周りのじかに接する世界でしか物事を捉えられない。

それが、わたしの限界だ。

私は私の限界の中でしかブログが書けない(なんという当たり前のことを述べているのだ私は)

 

私の配慮が足りなくて人を傷つけてしまうのは、本当に申し訳なく思う。

 

しかし、私は今後もありとあらゆる言葉で何処かの誰かを傷つけ続けるのだと思う。

 

ブログにはそういう側面もある。と自覚しながら

さらに無限ループの中に落ちることもきっとたびたび。

 

無限ループの中にいる自分をそっと脳内隔離してメタ視点で眺めつつ、

ブログを書き続けていこうと思った、そんな意味でも再確認。

 

はてなでブログを始めた当初、このように色々な人とネット上での接点を持てるという想定が正直、全くなかった。全くなかったのだけど、これは嬉しい誤算でした。

私はブログを介して少しばかりでも触れ合わせて頂いた方たちがとても好きだ。

とても好きだなあ。としみじみ思いなおしたという点でも再確認でした。