読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

明日は明日の風が吹く

無味無臭・人の記憶に残らないをモットーに人間関係の荒波をいきていく30も半ばを過ぎた私の鬱日記

考える葦

あなたの一番柔らかい所に触れてもいいですか?

タイトルのそこはかとない下ネタ感よ。 一番柔らかい所と言っても 物理的接触を望んでいるわけではないので性的なお話ではありません。 (はてなブログが18禁NGって最近知りましたし) あなたの一番柔らかい所。 あなたの一番奥底で普段人にさらけ出さない…

悩んだり迷ったりした時に人に相談はしますか?

私は日常生活で人に悩みを相談するということがほとんどありません。 もともと迷う。ということ自体が私はあまりないのかもしれません。 自分の迷わない程度がいくらなんでも病的だと思う一例として挙げるならば 自宅購入を2ヵ月で決断したという例を挙げて…

私の事が嫌いな人(推定)と会ってきます

私の事が嫌いな人(推定)から久々に連絡があった。 会いたい。という。 今まで彼女と会うたびに 私は嫌われているとしか思えない会話を繰り返しているのだけれど 何故だ。何故私に会いたいというの? ちょっと連絡が取れなくなると私の実家まで押し掛けるの…

生存戦略的に石ころ帽子をかぶっています

「人の記憶に残らない無味無臭の人物になること」 ここ数年の私のモットーです。 とにかく目立つことは避けたい。 正直名前なんか覚えてもらわなくても良い。 今日もひっそりこっそり世界の片隅で気配を殺しながら生きています。 そう、未来からの使者が持っ…

いきてかえりしものがたり。ではなく車のマナーの話。

もともと車の運転が大好きだ。 移動は常に車。といっても過言ではなく 数年前にスリムウオーカーという歩くだけで痩せるってワコールが言っているんだよ?的なサポーターも購入したけれど あ。私、ほとんど歩かないや。ってぐらい毎日車を使っている。 道さ…

自己肯定感は地を這うがごとき低さで肯定する自己すらない私

自己肯定感がトピックになっているいい機会なので ちょっと書こうかなと思ったの”ちょっと”が案の定長くなったという、長文です。今回は笑いも無しです。長文です。暗いです。 自己肯定感や自己評価。 それらについて高い低いの話ができるレベルにもない私は…

娘の歩く道は荊の道か

我が家には「阿呆」が枕詞の小2男児(弟)と 弟の2歳年上小学4年生の娘がいる。 娘は人見知りで内向的。大昔の話で恐縮だが 3年保育で入園した幼稚園の年中の半ばぐらいまで 「できれば幼稚園を辞めたいんだけど」と毎日のように相談してきたこともある…

私が浮気をしない理由

3月も半ばを過ぎて、今とても忙しい。 毎日のように用事があり、家に帰ったら家に帰ったで内職的に引き受けている仕事が待っている。 ちょっと引き受けすぎた。後悔している。ブログを書く時間が取れないほどだ。 ブログを書く時間が取れないなどと言ってお…

ママ友の前で夫が好きだと言えますか?

最近ブックマークコメントで 「仲良し夫婦」とか「ごちそうさま!!」とか頂くようになって ちょっと戦々恐々としております。 あれ。おかしいな。そんなつもりなかったのにな。 自覚して「ノロケ」という中和作用を装着のうえで夫への憤りを書く記事もある…

「丁寧な暮らし」という言葉の違和感について

「丁寧な暮らし」大いに結構だと思う。 1位 お菓子は基本手作りしている 2位 年賀状、暑中見舞い、お中元、お歳暮などといったイベントもしっかりこなす 3位 庭やベランダでハーブやプチトマトを栽培している 4位 雑巾がけや窓ふきなどこまめにしている 5位 …

ブログを書く事による浄化作用とパンドラの箱

恥の多い生涯をおくっております、ナゥ。 前回も書かせて頂いた通り、またこちらのブログで*1言及して頂いたとおり ブログと恥 - ウラガミ ブログを書く。という事自体に恥ずかしさを感じつつ 駄文を垂れ流す自覚と、それでも告知する自分の二律背反に悶えな…

隣の芝生があまりにも青かったので「青いね」と言ってみた

私が隣の芝生のあまりの青さに目をやられて卑屈になっていたのは 子供を産んですぐの頃。 慣れない育児、寝ない我が子に不眠不休ともいえる毎日が続き 今まで学校の勉強や仕事の現場で培ってきたスキルが全く役に立たないことに打ちひしがれて絶望しつつも泣…

秘密を打ち明けられた時のために心に小さい岡田を飼おう

誰でも大きな声で言えないことを一つや二つは心に秘めているものだ。 大切な恋の思い出だったり (秘めるしかない不義密通系) 嫌いな誰かの悪口だったり (同じコミュニティに属しているとなかなか言えない) 又聞きしてしまった他人の個人情報だったり (…

ギブアンドテイクの双方向性の無さ

人生は所詮ギブアンドテイクだ。 人と人とは持ちつ持たれつだ。 なんだかんだ言ってお互い様。 まるでこの世の理のように言い伝えられてきた言葉たち。 私がもっと若くて性格的にもとんがっていた頃には ギブアンドテイクが成り立たないこと ちっとも相手が…

よりによってこのタイミングか週刊文春よ

何故3週間待てなかったのか週刊文春よ。 2月14日 0:00 男子SP 羽生、町田、高橋ほか 2月15日 0:00 男子FS 羽生、町田、高橋ほか 何故高橋が滑り終わるまで待ってやれなかったのか。 このまま私が何も言わずオリンピックで競技された後に発覚した場合、高橋選…

不自由を強いる程夫婦がしんどくなった時はお互いの大変さに目をやろう

今話題のこちら 男性がなかなかできない妻への寄り添い方 | パパラボ ・妊娠中の妻は好きだったお酒を飲めない。なので配慮して自分も飲まないようにする。・妊娠して妻がジム通いできなくなった。自分だけいくのもなんだから今日はやめとこうかな。・平日は…

いつも必ず遅刻してくる人の頭の中その2

どうも。いつも10分前集合、もしくは逆に見積りを誤って30分前に到着してしまったりもする真面目野郎です。 前回はつらつらと「いつも遅刻をしてくる人の頭の中」を推測した記事を書いたのですが いつも必ず遅刻してくる人の頭の中 - 明日は明日の風が吹…

いつも必ず遅刻してくる人の頭の中

どうもいつも10分前集合の真面目野郎です。 あなたの周りにもいませんか? 「いつも必ず遅刻してくる人」 人間だから、つい。うっかり。ってあると思うし 電車が遅れることもある。渋滞にハマることもある。 だから今回はついうっかり枠や交通機関の乱れ枠…

「専業主婦を養える男性は、3.5%しかいない」に志村けん風に突っ込んでみる

専業主婦を養える男性は、3.5%しかいない。男性不況という現実『ホワイト企業』(エキサイトレビュー) - エキサイトニュース(1/2) 専業主婦を養える男性は3.5%しかいない。 専業主婦を養えるだけの所得の男性は3.5%しかいない。 正月明けに見たこの記事…

浮気をしてもバレなければいいという考え方

残念ながら浮気の経験がない私。 そんなチキン野郎が語ってみるこのテーマ。 「浮気をしてもバレなければいいという考え方」 浮気ダメゼッタイ!という価値観はちょっと横に置いてみる。 浮気をすることによって生じるかもしれない物理的なダメージ(性病等…

「自分がされて嫌なことは人にしない」という間違い

自分がされて嫌なことは人にしない。 という事を言われたことがある。 っていう人生あるある。主に幼少期ね? 大抵の人は通過儀礼のように言い聞かされてきた言葉だと思う。 相手の痛みを自分の痛みのように捉え 想像力を働かせることで他人に優しくなれる。…

私のまわりの駄目なひと

私自身も真正駄目人間である。 わかっている。わかっておるのだ。 むしろこの駄目人間が!!と罵られてこそ本望(may be ドM) 自分が駄目人間であるどうしようもなさ度は置いておいて。 私のまわりの駄目なひとのことを語ろうと思う第1弾。 就活中のお嬢さ…

『ぼっち』恐るるにたらず

※画像はイメージです 今の土地に引っ越して2年が経過した。 子供が小学校に上がってからの引っ越しであったから 当然私に新しい友達はできなかった。 授業参観に行っても『ぼっち』 子供のスポーツの試合観戦に行っても『ぼっち』 自治体の行事に行っても『…

一人でご飯を食べることに対する恐怖とは

もともとうら若き20代の独身時代から一人でランチもへっちゃらであった私。 オンナも30も半ばを過ぎるとみんな、ひとりごはんぐらいできるようになるものだと思っていたのだがそうでもないらしい。 一人でご飯を食べることがあると話すやいなや 憐みの目…

無味無臭・目立たないで誰の記憶にも残らず生きていく

はじめまして。ひっそりこっそり世界の片隅で生きていきたい今日この頃です。 目立たないよう無味無臭を心掛けておりますが 実は汗っかき。臭ってごめんよ。 出産してから今まで体験したことのない 人間関係の荒波に放り込まれ揉まれ足を引っ張られ撹拌され…